スポーツリハビリ

ホーム > スポーツリハビリ

武田整形外科 武田 浩志

ストレッチ

パートナーストレッチ

partner stretching excercise partner stretching excercise
まずは、理学療法士によるパートナーストレッチを実施し本人に対象となる筋肉の伸張感を感じてから、自分で出来る セルフストレッチの指導をしていきます。

セルフストレッチ

partner stretching excercise partner stretching excercise

筋力訓練

muscle excercise muscle excercise

ファンクショナルトレーナー※1を使用しながら目的となる筋力増強を図っていきます (※1 機器の構造上、各関節の自由度が高くなるため、関節に対し負担が少なく筋肉に対し高負荷が可能です)
muscle excercise muscle excercise muscle excercise muscle excercise
ゴムを使った簡易なトレーニングです。どこでもできることが長所です。

動作分析

歩行分析

muscle excercise

競技用の靴・スパイクの調整、治療部位に対するテーピングや徒手療法などを実施した状態で、 実際に歩行やフォームをチェックしています


投球動作分析

投球動作 投球動作 投球動作
疼痛が軽減してきたところで、実際にシャドーピッチング、キャッチボール、ネットシャドーなどを実施し、 全身的なトレーニング内容の検討をしていきます。      

FUll SENCE

FULL SENCE

投球動作 FULL SENSE※2で投球フォームを測定し、投球時のボールの回転の確認を実施します。 (※2 機器を手関節と手指に装着して投球動作を実施し、ボールリリースが正しくできているかの測定が可能です)

FULL SENCEでの投球動作チェック

投球動作
投球動作

真ん中の緑ランプが点滅した場合は正しいリリースポイントで腕が振れています

投球動作

左赤ランプが点滅した場合はスライダーぎみで腕が振れています(右投球側の場合)

投球動作

右赤ランプが点滅した場合はシュートぎみで腕が振れています

投球動作

バランス訓練

バランスボールを用いてコアマッスルを訓練しています

五十肩 肩関節鏡 鏡視下授動術 五十肩 肩関節鏡 鏡視下授動術
体幹(体の中心部分)と四肢(腕や足)の協調性や運動バランス能力の向上をはかっています。  例:ボールを蹴る動作など

テーピング

テーピングは出来る限り不使用な状態で競技復帰をすることを目標としながらリハビリテーションを実施していきますが、 大会までの期間やチーム状況などを考慮して各スポーツ傷害・障害部位にテーピングも実施しております。

五十肩 肩関節鏡 鏡視下授動術 五十肩 肩関節鏡 鏡視下授動術 五十肩 肩関節鏡 鏡視下授動術